ご挨拶


ココロ

昭和の職人とお客様が言ってくださる現社長は、型とともに50年余り過ごしております。

自身は大田区の木型職人としてスタート、そこで先代の社長である石川義太さんと出会い、一緒に金型の仕事をしようと声をかけられ、石川金型製作所がスタートしました。現在は妻、息子、愛犬ココロと3人と1匹で営業しております。

当社のアピールポイントは、「優しい型」の製作です。例えば、手で作業する箇所の板の面取り、最小限のバリに抑える型などです。そういったことで、無理なく無駄のない型を製作し、お客さまにより良い型を提供することを目指しております。

 

 


会社概要


会社名

代表者

本店住所

工場所在地

資本金

設立年月日

事業内容

有限会社 石川金型製作所

取締役 諏訪薗 廣志

〒252-0801 神奈川県藤沢市長後1108番地-14

〒252-1125 神奈川県綾瀬市吉岡東3丁目4-5

3,000,000円

平成3年3月

①鋳造用金型の設計および製作

(グラビティ金型/LP金型、砂型自動機アルミ金型、シェル金型等)

②部品および治具の製作


会社沿革


昭和51年

昭和61年

平成 3年 3月

平成11年12月

平成12年 1月

平成15年 5月

(株)荏原軽合金製作所内で創業者の石川義太が石川金型製作所を設立

綾瀬市吉岡東3-4-5に工場を移転

有限会社石川製作所とする

代表取締役の石川義太が退任

代表取締役に諏訪薗廣志が就任

取締役の石川愛子が退任、諏訪薗廣志は取締役に変更


主要設備


・ATC付NCフライス(静岡鉄工所) 1台
・NCフライス(静岡鉄工所 OKK) 3台
・汎用フライス(静岡鉄工所) 1台
・汎用横型フライス 1台
・汎用旋盤(Ф1200✖2000 Ф400✖1060) 2台
・コンタマシン 1台
・ボール盤 2台
・3DCAD/CAM 1台
・CAD 2台

主要取引先と製作内容


取引先 鋳造部品 製作金型
(株)笠原鋳物工場 自動車部品

砂型F1型金型 

グラビティ金型

(有)金森軽合金

電気部品 

食品部品

砂型F1型金型 

自動機用アルミ型

シェル中子型

(有)小穴鋳造所

電力部品 

建機部品 

鉄道部品

自動機用アルミ型 

シェル中子型 

CO²中子型

三栄産業(株)

自動車・特殊車両部品 船舶・航空部品 

精密機器工業部品 工業計器部品

グラビティ金型 

シェル中子型

(株)鷹島鋳造所 ロボット部品

自動機用アルミ型 

シェル中子型

東峰軽金属工業(株) ピストン 機械部品

外型 

中子金型

日本鋳造株式会社  

シェル中子型 

シェルモールド用金型

(株)フクノインターナショナル 船舶部品  

 (*アイウエオ順)